不動産投資の入門は目的を考えること

毎月一定した利益を得ることで、固定資産税のために働かねばという呪縛からとかれるというのもメリットの一つです。

不動産投資を行う場合入門者は、デメリットのクリアさえ大丈夫だと解ればいつもいくらの投資をしていくらの利益があるのかだけを考える傾向があります。
利益そのものがメリットと考えずに、そのメリットが自分の今後の人生にどう影響し、波及していくのかを考えることが大切です。

実は、不動産投資というのは、単に利益を得るだけでなく、自分の今の状況における悩みを解決し、今後の人生をいろんな面でサポートするという特色を持っています。
そこが、現金を貯金したり、為替や株に投資したりするのとは違う魅力だということに気づくことができれば、不動産投資が入門レベルでも上手な運用ができるでしょう。

一番よく聞くのは、遺産を受け継いだけれども、相続税がかかるほどのものであった場合、相続税分を相殺できるだけの不動産投資ローンを組むという方法です。
相続税を支払わなくて済む分借金ができてしまいますが、マンションやアパートの経営で毎月の家賃収入分で借金を支払えます。
税金分が全てチャラになりますから、ほんの少しの小遣い金程度の残額でも得られれば十分満足することになります。

相続するものが別になくても、長期ローンを組んで不動産を購入し、資産運用する人たちは、長いローン終了まで小遣い程度でも我慢するのは、ローンのおかげで所得税や住民税が還付され続けるということがひとつあります。

また、死亡または重度の障害になったときには、ローンは消滅しますから、死亡保険代わりになるという考え方の人もいます。
あるいは、ローン終了後からは、全額利益となりますから、老後の生活のために用いることも考えられます。
子供の様子を見ていると、老後も経済力が必要だと不安な人たちも多く、その目的の人はずいぶんと増えています。

しかし、莫大な不動産投資ローンを組むことに不安な人や審査に通らない人の場合、何年かで投資した額に利益を足したものが戻ってくるという、資産購入ではないアパート経営参画のための投資などで、利の良い貯金代わりの運用をするという人もいます。

自分の持っている土地が、一等地にある場合などは、税金を支払うために働いているという人がいます。
いつも、不動産の管理や固定資産税にあぐねているのです。
駐車場などにするための不動産投資を行い、管理と運用を全てパートナー企業に任せて、毎月一定した利益を得ることで、固定資産税のために働かねばという呪縛からとかれるというのもまた、税金やローン代を差し引いた金額が低くても、悩みの解決策として非常に有効な手段です。

不動産投資は、単に利益の大きさではなく、自分が今求めている不動産投資は、二重三重の恩恵があるものなのかを考えて行うことが良いでしょう。
入門者には解らない不動産投資の自分におけるメリットをよく学びましょう。